茅ヶ崎H邸様工事進行中5

H邸様順調に工事が進行しています。

 

昨日は雨のため作業を中止しました。

 

今日は屋根の塗装時の作業についてちょっとお話しです。

 

屋根のカラーベストの塗装時には、必ず塗装完了後に縁切りという作業が必要になります。

 

この作業をしないと屋根からの雨漏りの原因になります。

 

カラーベストととの張り合わせ部分が塗料で詰まってしまいますと雨水が浸入し、

 

その雨水がなかなか外に出づらくなり、カラーベストの下地の木部が常に湿った状態になり、

 

そののち雨水が建屋内部にしたたり落ちる原因となります。

 

カラーベストは常に通気性を良くしておかないといけない所です。ご注意を

 

カラーベスト

 

上の写真はカラーベストの張り合わせの箇所を塗装で塞いでしまい雨漏りしてしまった様子です。

 

カラーベストを持ち上げると中から水が流れでてきます。

 

このようなことがないように確実に屋根の塗装後数日たってから縁切り(カラーベストの張り合わせ部分を

 

工具を使い開けてあげるか、専用の器具を装着しましょう。

 

タスペーサータスペーター

 

上の写真はタスペーサーという縁切り専用の器具です。

 

これをカラーベストの層間に挿入することにより、塗料でカラーベストの層間を塞ぐことをふせぎます。

 

今回は、中間のクールプライマー塗布後に装着しました。

 

アレスクール

 

タスペーサーを装着後 アレスクールを上塗しました。

 

わかりずらいですが、通気層は開いています。

 

入れてない所は完全にふさがれています。

 

今回は写真でわかるように1カ所タスペーサーを入れないで作業しました。

 

作業完了後には挿入します。

 

是非、住宅塗替えリフォームをお考えの方は、業者さんに確認してくださいね。

 

弊社は最初からタスペーサーを挿入することを前提に常に御見積と作業をしています。

 

http://www.akagiya.com/  「赤城屋商店」検索

 

 

 

 

ページ上部へ