ホーム>技術とソリューション >防水リフォーム

防水リフォーム

防水工事

防水工事

ビルの屋根やベランダなどの表面はゴムの膜のようなもの(ウレタン)で覆われています。雨水などの浸入を防ぎ、雨漏りを防ぐために行うものをウレタン防水工事と言います。
このウレタンが、年月を経るごとに劣化し、雨水の浸食によって雨漏りや老衰などの被害が起こります。

新築の際によく行われる、表面がコンクリートになっているような防水工事では、防水面の上に押さえコンクリートを流しています。
もともとコンクリートというのは水を通すため、浸透した雨水が徐々に防水面とコンクリート層の間に溜まります。そのため、年数を経るとその水分が建物の内部を浸食し、漏水などの被害が発生します。

新築や改築などの際に防水工事を行っていても、屋根や屋上などは長年風雨にさらされており、いつまでも保つわけではありません。
建物を保護するためにも、定期的なメンテナンスが必要なのです。

 

ページ上部へ