ホーム>選ばれる理由

選ばれる理由

アカギヤの省エネ・節電塗料

 

detail_px0010089409.jpg

最近、遮熱・断熱の効果のある塗料が注目を集めています。
これらは住宅の屋根や外壁に塗るだけで省エネ効果が期待できる塗料です。
一般住宅、工場などでの実績も数多くあり、オススメの塗料です。

アカギヤでは、これらの塗料をオススメし、お客様に喜ばれています。
ここでは、遮熱・断熱の効果のある塗料について、ご紹介いたします。

 

断熱塗料 「アドグリーンコート」

「アドグリーンコート」は、日本中央研究所株式会社と株式会社アドマテックス(トヨタ自動車株式会社ベン チャー1号企業が共同で研究し、アドマテックス社の特許素材アドマファイン(特殊セラミックス)の機能性を建築塗料に応用して開発された国際共同特許商品です。

省エネ・節電

夏・冬ともにエアコンの温度設定を軽減でき、飛躍的な省エネ効果を実現。
電力発電時のCO2排出量を大幅にカットします。

ヒートアイランド対策

太陽光の熱源(近赤外線)を効率よく反射し建材の温度上昇を防ぐとともに、僅かに透過した熱も瞬時に排熱するため「熱だまり」をおこしません。 ヒートアイランド対策用に設計された塗料です。

住環境の改善

空調負荷を低減し、快適な職場環境・住環境を低コストで実現。不快な暑さを緩和でき、作業効率がUPします。

冷めやすい

アドグリーンコートは、ハイテク機器の熱対策に使用されている、世界最高峰のファインセラミックスに機能性を求めた他にはない資沢な塗料です。

特殊セラミックス「アドマファイン」とは?

超微粒子真球無孔質ファインセラミックスの名称。
高熱伝導、低熱膨張、耐熱向上、その他多くの機能性を持ち、電子・電気・自動車・医療等精密機器の熱対策に最先端分野で応用されている素材。この”熱を逃がす力”(排熱機能)に着目し、世界初、建材塗料への応用で遮熱の機能性を飛躍的に実現した遮熱塗料がアドグリーンコートです。

特殊セラミックス「アドマファイン」とは?

差別化の三大要素

機能性

美観性

施工性

遮熱・省エネ塗料 「アレスクール」

アレス屋根遮熱システム

太陽光を効率よく反射し、熱を遮る。それにより、室内の温度上昇を抑えます。

一般屋根塗料とアレス屋根遮熱システムの比較屋根の表面に直射日光が当たると、屋根の表面温度が上昇し、それに伴って室内も暑くなります。その温度上昇を抑えるためには、太陽光の中でも温度上昇の要因となる赤外線を効率よく反射することが必要です。
屋根表面の温度上昇は「アレス屋根遮熱システム」塗装をすることで、一般屋根用塗料を塗装した場合と比べ、屋根の表面温度を低減させることができます。

実際の物件で表面温度を10~12℃低減!

実際の物件で表面温度を10~12℃低減!

実際の物件で一般の屋根用塗料と「アレス屋根遮熱システム」とで塗り分け、屋根の表面温度の差を確認しました。

見た目では大きな差はありませんが、赤外線サーモグラフィーで確認したところ、「アレス屋根遮熱システム」では一般の屋根用塗料と比べて、表面温度が最も高くなる12時から13時頃に、南面で10~12℃の遮熱効果が認められました。
また、北面でも5~6℃の遮熱効果が認められました。

画像:アレス屋根遮熱システム(左側半分)と一般の屋根用塗料(右半分)を塗装した物件の赤外線サーモグラフィー画像

アレスクールが家族にいい理由

赤外線を効率よく反射するから室内がうんと快適に!

赤外線を効率よく反射する特殊な顔料を配合した塗料を2段階に分けて塗布します。
上塗りを透過した一部の赤外線も、下塗り塗料でしっかりブロック!
屋根の温度上昇を抑制します。

アレスクールが家計にいい理由

室温の上昇を抑制するから、エアコン代を大幅ダウン!

夏場の屋根の表面温度は70℃程度まで上昇します。
アレスクールを塗った屋根なら、太陽光を反射し、屋根表面や室内の温度上昇を抑えるため、エアコン代の大幅な節約にもつながります。

アレスクールが地球にいい理由

CO²排出量を減らして、地球への負担を軽減できる!

室内の温度上昇が抑えられれば、エアコンや扇風機を使う必要もグンと減ります。
電気製品の使用量が減ればCO2の排出量削減にもつながります。

あなたの疑問にお応えします

Q. アレスクールの特徴はなんですか?

アレスクールの最大の特徴は、特殊顔料を上塗塗料と下塗塗料の両方に配合し、 この2層のWブロックシステムで赤外線を効率よく反射させることにあります。また、下塗のアレスクールプライマーは屋根素材への高い防錆力と付着力を有しており遮熱効果と同時に素材を保護する効果を発揮することができます。

Q. カタログ以外の色を注文できますか?

カタログ提案色以外にも、お客様のお好みに応じてオリジナルの色を調合してご用意することができます。
ただし、特殊顔料を使用していますのでお好みの色にピッタリと合わせられない場合もあります。

Q. どんな屋根にも塗装できますか?

工場塗装してある一般的な屋根素材(新生瓦、カラートタン)の塗替え塗装に使用できます。瓦系屋根材(モニエル瓦、日本瓦など)や防水材(シート系や樹脂系など)の上には塗装できないことがありますので、弊社営業までご相談ください。

Q. シミュレーションについて教えてください。

弊社シミュレーションは(財)建築環境・省エネルギー機構が開発した「SMASH ver.2」をベースに計算しております。建物の構造(素材の種類や色)を基にアレスクール塗装による省エネ効果を算出することが可能です。

 ※資料提供 関西ペイント株式会社

遮熱断熱工法 「アレスクールプラスウォール」

『遮熱』と『断熱』のWブロック効果で人と建物にやさしい外壁に

環境対応製品として高い評価を頂いている遮熱塗料“アレスクール”の技術を壁にも応用し、壁用遮熱断熱塗料“アレスクールプラスウォール”を開発しました。屋根に“アレスクール”、壁には“アレスクールプラスウォール”を塗装することで、建物内部の温度上昇を抑制し室内はより快適になり、エアコンの消費電力も抑えることができる、人と建物にやさしい塗料です。 

COOLな壁は赤外線を反射する

遮熱効果とは、太陽光線(赤外線)を効率よく反射し、外壁の塗膜表面温度上昇を抑制することです。
それにより素材の蓄熱を抑え、熱による素材の劣化を防ぎます。

COOLな壁は低汚染で汚れにくい

緻密かつ強靭な塗膜形成技術で開発された防汚性能が建物の美観を維持します。また、汚れによる遮熱効果の低下を抑制し、性能の長期維持を図ります。グラフでは雨筋が発生していないことと色味の変化が少ないことが分かります。

COOLな壁は熱を伝えにくい

特殊な成分を用い熱伝導率を小さくすることで、素材表面に蓄積された熱や外気からの熱を室内に伝えにくくします。従来単層弾性材と比べ熱伝導率約5分の1の断熱効果を発揮します。(当社比)

COOLな壁は壁内結露を軽減する

構造木材を水分から守り様々な効果を発揮。壁内断熱材の含水によるズリ落ちの抑制や木部の腐朽、カビ・ダニやシロアリの発生などを軽減し、内断熱工法(RC造)や充填断熱工法(木造)の性能補強につながります。

 

遮熱塗料「パラサーモN」

「パラサーモN」の遮熱メカニズム

パラサーモN
  1. 通常の塗膜では、太陽光スペクトルのうち、とくに熱作用の高い近赤外線を吸収するため温度上昇が大きいのに対し、パラサーモNは配合された特殊熱反射顔料や特殊セラミックが、熱作用の高い近赤外線を効率よく反射・散乱し、太陽熱の吸収を防ぎます。
  2. パラサーモNでは、塗膜にいったん吸収された熱を特殊セラミックの働きにより熱放射します。
  3. これらの複合作用により、高い遮熱性能を実現しています。

太陽光線を反射し、熱を遮る。室内の温度を抑え、快適な環境を実現します。

屋根の表面に直射日光が当たると熱となり、屋根の温度が急激に上昇するとともに、屋内も暑くなり、大変不快な環境になります。

日本特殊塗料では、その温度上昇を抑えるために次世代航空機(SST)用塗料の最新技術を応用し、太陽光線に対する抜群の反射率と熱放射率に優れた遮熱塗料『パラサーモ』を開発しました。
この『パラサーモ』は、屋根の裏面温度を従来の屋根用塗料と比較し“15~20度”も低減させることに成功した画期的な屋根用遮熱塗料です。

市販品に比べ、屋根の裏面温度を15~20度低減

1 優れた遮熱性を発揮

太陽光に対する反射率の優れた着色顔料と、熱放射率に優れたセラミックを採用することで、抜群の遮熱性能を高めることを可能にしました。各種の屋根(鋼板屋根、トタン屋根、新生瓦、波型スレートなど)に塗装することで、室内への熱の侵入を遮断し、室内温度の上昇を抑えることができます。
エアコンなどの空調設備の省エネ効果に抜群の性能を発揮します。

2 優れた塗膜性能

周期などの環境問題に対応した実績のある「NAD系樹脂」がベースのため下地の影響を受けにくく、塗り替え適正に優れています。また、強靭なウレタン結合により、酸性雨や紫外線及び熱劣化の耐性に優れるとともに、高い耐久性があります。

3 カラフルな色彩と光沢のある外観

キセノンウェザーメーター促進曝露試験

屋根用として人気の高い光沢のあるブラック、ブルー、ブラウン系などの18色の標準色(常備色)を取り揃えています。建物や周辺の環境にマッチし、一般住宅や工場の屋根などに幅広くご利用いただけます。

4 防藻・防かび性による高耐久性

防藻・防かび塗料『モルドクリーンシステム』の配合技術を応用することにより、長期にわたって藻やかびから屋根を確実に保護します。

※資料提供 日本特殊塗料株式会社様

ページ上部へ