コンテンツ

遮熱・省エネ塗料 「アレスクール」

アレス屋根遮熱システム

太陽光を効率よく反射し、熱を遮る。それにより、室内の温度上昇を抑えます。

一般屋根塗料とアレス屋根遮熱システムの比較屋根の表面に直射日光が当たると、屋根の表面温度が上昇し、それに伴って室内も暑くなります。その温度上昇を抑えるためには、太陽光の中でも温度上昇の要因となる赤外線を効率よく反射することが必要です。
屋根表面の温度上昇は「アレス屋根遮熱システム」塗装をすることで、一般屋根用塗料を塗装した場合と比べ、屋根の表面温度を低減させることができます。

実際の物件で表面温度を10~12℃低減!

実際の物件で表面温度を10~12℃低減!

実際の物件で一般の屋根用塗料と「アレス屋根遮熱システム」とで塗り分け、屋根の表面温度の差を確認しました。

見た目では大きな差はありませんが、赤外線サーモグラフィーで確認したところ、「アレス屋根遮熱システム」では一般の屋根用塗料と比べて、表面温度が最も高くなる12時から13時頃に、南面で10~12℃の遮熱効果が認められました。
また、北面でも5~6℃の遮熱効果が認められました。

画像:アレス屋根遮熱システム(左側半分)と一般の屋根用塗料(右半分)を塗装した物件の赤外線サーモグラフィー画像

アレスクールが家族にいい理由

赤外線を効率よく反射するから室内がうんと快適に!

赤外線を効率よく反射する特殊な顔料を配合した塗料を2段階に分けて塗布します。
上塗りを透過した一部の赤外線も、下塗り塗料でしっかりブロック!
屋根の温度上昇を抑制します。

アレスクールが家計にいい理由

室温の上昇を抑制するから、エアコン代を大幅ダウン!

夏場の屋根の表面温度は70℃程度まで上昇します。
アレスクールを塗った屋根なら、太陽光を反射し、屋根表面や室内の温度上昇を抑えるため、エアコン代の大幅な節約にもつながります。

アレスクールが地球にいい理由

CO²排出量を減らして、地球への負担を軽減できる!

室内の温度上昇が抑えられれば、エアコンや扇風機を使う必要もグンと減ります。
電気製品の使用量が減ればCO2の排出量削減にもつながります。

あなたの疑問にお応えします

Q. アレスクールの特徴はなんですか?

アレスクールの最大の特徴は、特殊顔料を上塗塗料と下塗塗料の両方に配合し、 この2層のWブロックシステムで赤外線を効率よく反射させることにあります。また、下塗のアレスクールプライマーは屋根素材への高い防錆力と付着力を有しており遮熱効果と同時に素材を保護する効果を発揮することができます。

Q. カタログ以外の色を注文できますか?

カタログ提案色以外にも、お客様のお好みに応じてオリジナルの色を調合してご用意することができます。
ただし、特殊顔料を使用していますのでお好みの色にピッタリと合わせられない場合もあります。

Q. どんな屋根にも塗装できますか?

工場塗装してある一般的な屋根素材(新生瓦、カラートタン)の塗替え塗装に使用できます。瓦系屋根材(モニエル瓦、日本瓦など)や防水材(シート系や樹脂系など)の上には塗装できないことがありますので、弊社営業までご相談ください。

Q. シミュレーションについて教えてください。

弊社シミュレーションは(財)建築環境・省エネルギー機構が開発した「SMASH ver.2」をベースに計算しております。建物の構造(素材の種類や色)を基にアレスクール塗装による省エネ効果を算出することが可能です。

 ※資料提供 関西ペイント株式会社

ページ上部へ