コンテンツ

遮熱断熱工法 「アレスクールプラスウォール」

『遮熱』と『断熱』のWブロック効果で人と建物にやさしい外壁に

環境対応製品として高い評価を頂いている遮熱塗料“アレスクール”の技術を壁にも応用し、壁用遮熱断熱塗料“アレスクールプラスウォール”を開発しました。屋根に“アレスクール”、壁には“アレスクールプラスウォール”を塗装することで、建物内部の温度上昇を抑制し室内はより快適になり、エアコンの消費電力も抑えることができる、人と建物にやさしい塗料です。 

COOLな壁は赤外線を反射する

遮熱効果とは、太陽光線(赤外線)を効率よく反射し、外壁の塗膜表面温度上昇を抑制することです。
それにより素材の蓄熱を抑え、熱による素材の劣化を防ぎます。

COOLな壁は低汚染で汚れにくい

緻密かつ強靭な塗膜形成技術で開発された防汚性能が建物の美観を維持します。また、汚れによる遮熱効果の低下を抑制し、性能の長期維持を図ります。グラフでは雨筋が発生していないことと色味の変化が少ないことが分かります。

COOLな壁は熱を伝えにくい

特殊な成分を用い熱伝導率を小さくすることで、素材表面に蓄積された熱や外気からの熱を室内に伝えにくくします。従来単層弾性材と比べ熱伝導率約5分の1の断熱効果を発揮します。(当社比)

COOLな壁は壁内結露を軽減する

構造木材を水分から守り様々な効果を発揮。壁内断熱材の含水によるズリ落ちの抑制や木部の腐朽、カビ・ダニやシロアリの発生などを軽減し、内断熱工法(RC造)や充填断熱工法(木造)の性能補強につながります。

 

ページ上部へ